ボナブロ

アメリカ人夫・息子と大阪で3人暮らし。第2子妊娠中。様々なことに興味津々の私、ボナーラの記録です。2019年5月よりJGC修行してます♪

【アメリカ、バスケ技術の祭典】NBAオールスターゲーム2019

日曜の朝、夫が朝からパソコンに張り付いて、何かを熱中して鑑賞。
何見ているかを尋ねる前に夫から、

NBA オールスターゲーム見てる!!めっちゃ面白いよ!!」

f:id:bonara:20190219164542p:plain

 

アメリカ人夫はバスケが大好き(見るのもやるのも)
NBAオールスターゲームとは、年に1回開催されるバスケイベント。ファン投票で選ばれた選手たちが、バスケの技術を競ったり、所属チームを超えた夢の人気選手軍団でゲームをする、いわば超絶ファンサービス。
こちらのメインは、バスケ対決でファン最多投票だった選手2人がキャプテンとなり、ドラフト形式で各チームを編成しゲームを行うというもの。

 

それにしても普段スポーツを全然みない私でもこのオールスターゲームのイベントはなかなか面白い。

 

私が印象的だったのがスラムダンクコンテスト
選手が一人ずつダンクシュートを決めて、審査員が10点満点で評価。誰が一番クールか決める何ともアメリカらしい争い。

f:id:bonara:20190220094211p:plain

 
このダンクシュート、本当に縛りがなく自由なんです。

 

シンプルにダンクを決める選手(これも身体を捻ったり回転させながらジャンプ&ダンクでとても常人には真似できない)もいるんですが、チームメイトを連れてきたり、ゲストや小道具(大道具も)を仕込んでくるのもOK!

 

今回のオールスターゲームの開催地はノースカロライナ州


開催地にちなんで、ノースカロライナ出身のラッパーをゲストに迎え、そのラッパーをジャンプで飛び越えて(!)ダンクする選手。
ライト兄弟が初めて飛行機飛行を行ったのはノースカロライナ州で、パイロット5人&ハリボテの飛行機をゴール前に配置。それをすり抜けながらダンク!なんて選手も。これはパイロットがぞろぞろ入場してきた時点でオモシロ感が出過ぎで、出オチしちゃってましたね・・・。

 

とにかくそれぞれ趣向を凝らしている上に、改めてNBAプレーヤーの超人的身体能力が確認できて、バスケに馴染みがなくても楽しい♪
審査こそないけど、芸術性を見せ合うフィギュアスケートエキシビションを思い出しました。

 


そして2019スラムダンクの優勝者は、ハミドゥ・ディアロ選手(ルーキー!)

f:id:bonara:20190220093459p:plain

イケメン!


ジャージの下にスーパーマンのユニフォームを仕込む粋な演出。
さらに殿堂入り元NBA選手シャキール・オニールをゴール前に立たせて、シャキールを飛び越えてシュート!!
このシャキールさん、巨人揃いのバスケ選手の中でも特に身長が高く、なんと216㎝あるんですよ。
それを飛び越え、あまつさえシュートを決めるという身体能力の高さ、審査員全員満点!

これぞスターや!

f:id:bonara:20190219164555p:plain

ちょっと頭を下げてあげてるシャキール氏がかわゆす。

 

 


Full Recap of the Best Dunks from the 2019 AT&T Slam Dunk Contest

ハミドゥのシュートは、1:08から。その他の選手のダイジェストも見られます。

 

ちなみにスーパーマンコスで挑んだ選手はディアロ選手だけではなく、2008年の大会ではドワイト・ハワード選手がスーパーマンのマントを身に着け、フリースローライン(4mほど離れている)からジャンプ&ダンクし優勝。

 

f:id:bonara:20190219164531p:plain

SUGEEEEE!!!

 


Dwight Howard superman dunk

 

フィギュアでもフェルナンデスがエキシビションでスーパーマンになってましたね。
やはりメンズの永遠の憧れですか。

 

ちなみにこれらの情報は全部バスケっ子の夫の豆知識です(笑)
いやー情熱を捧げるものがあるのはいいことだ。