ボナブロ

アメリカ人夫・2人の息子と大阪在住。様々なことに興味津々の私、ボナーラの記録です。2019年JGCでサファイア到達!

陽気なタイ人によって正月もカオスに【ソンクラーン】

仕事でタイ人にメールを送ると自動返信メールがとんできました。

 

「 Songkarn Thai New year holidayのため4/22まで休みます。」

 

ソンク?何?正月?

 

そのまま「Songkarn Thai New year holiday」をコピペしてグーグルで画像検索。

 

 

結果。

 

 

f:id:bonara:20190425092726j:plain



https://heyteacherista.files.wordpress.com/2016/04/happy-songkran.png?w=640

 

f:id:bonara:20190425092748j:plain

 

 

なにこれ楽しそう

 

 

ユニバのイベントみたい。

 

 

ウィキペディアによると、

ソンクラーン (ソンクランとも、สงกรานต์) とはタイにおける旧正月のことであり、チャントラカティ(タイの旧暦)の新年である。

(中略)

基本的には、仏像や仏塔に水をかけてお清めをしたり、家族の年長者の手に水をかけお清めをし、相手に敬意を示す。また、家の大掃除も行われることがある。 

近年では、ソンクラーンが一年でもっとも暑い時期に行われることなどから、特に若年層を中心に、単なる水掛け祭りに変質している。この「祭り」においては見ず知らずの相手にさえ水を掛け合う。この場合、水を掛けるところは手のみに限定されず、水をかける行為自体「敬意を払う」ため無礼講状態となる(ただし、僧侶には水をかけない)。水の掛け合いには水鉄砲を用いる。他にも、家の前に水の入ったドラム缶を置くあるいは家の前までホースを延長させ、道行く人に水をかけたりピックアップトラックの積み荷部分に水の入ったドラム缶を載せ、町中の人に水をかけまわっている例もある。また、水を積んだ対向車同士での派手な掛けあいもよく見られる。

 出典: Wikipedia

 

 

 

つまり元々は、

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/4a/Songkran_in_Wat_Kungthapao_03.jpg/1200px-Songkran_in_Wat_Kungthapao_03.jpg

こういうものだったのが、

 

 

 

f:id:bonara:20190425092807j:plain

こういうことに変化したということ?

武器持ってますけど。

 

 

 

タイ人、悪ノリが過ぎるぞ(笑)

 

 

 

日本ではハロウィンでバカ騒ぎはあっても、

お盆の墓参りが、水かけ祭りに変質していくことはないよね絶対に。

 

 

 

でもちょっと参加してみたい(笑)

毎年4月13日、15日に行われるそうです。

年始まっただなかで、日本からはちょっと行きづらいなー。

 

 

が一方でこんな問題も。

www.sankei.com

ソンクラーン休暇中は、「タイで最も危険な7日間」と言われるほど、交通事故が増えるそうです。

もともと交通事故が多いうえに、休暇中は飲酒運転が増加!

さらにバイクや車で走行中に水をかけられ、ハンドル操作を誤ることも・・・。

 

 

また水かけ祭りでは、僧侶や屋台には水をかけないのが暗黙のルールですが、近年観光客の参加が増加し、マナーの悪化が問題視されてるそうな。

どこの国も同じだな(;´Д`)

 

薄着の若い女性は水かけの標的にされやすいそうです。

下心w

 

人がひしめく街中での参加はなかなかハードルが高そうですが、ビーチでの水かけ祭りは家族連れも楽しそう。

 

ただ休暇なので基本的にお店はどこも閉まり、現地の人は帰省のため交通機関がごった返すような。

この期間に旅行するには、もう水かけ祭り以外は諦めないいけない模様。

 

 

 

うん、私にはまだユニバで十分(笑)

 

まぁユニバのこれも、実はまだ行ったことないんですが。

https://resemom.jp/imgs/zoom/106578.jpg