ボナブロ

アメリカ人夫・息子と大阪で3人暮らし。第2子妊娠中。様々なことに興味津々の私、ボナーラの記録です。2019年5月よりJGC修行してます♪

初めてのスカイダイビングはアリゾナで【アメリカ留学思い出話】

およそ10年近く前なのですが、アメリカに留学していました。

その時、かねてからやりたかったスカイダイビングにチャレンジ!

私の初めてのスカイダイビングの思い出話をさせておくれ。

 

 

スカイダイビングは突然に

 

以前から、スカイダイビングはやってみたいと思っていました。

でも特に自分から情報収集するでもなく、まぁ機会があればといった程度。

しかしチャンスは突然訪れる!

 

留学中のアメリカ人の友人から、「今度スカイダイビングするけど、一緒に行かへん?」とお誘いが。

 

「行く行く!」と二つ返事で乗りました。

 

ちなみに私は高い所が苦手なのですが、ジェットコースターはまぁ大体大丈夫。

イヤなのは、机やイスの上に乗って電球変えたりとかハシゴ上ったりとかです。

 

私は基本的にどんくさいのですよ。

なので自分自身のバランス感覚が一番信用できなくて、機械にまるっとお任せのジェットコースターの方が断然安心できる。

 

スカイダイビングも、初心者はインストラクターと繋がれた状態で飛ぶので全部お任せ!

 

とは言っても人生初のスカイダイビング。

前日はドキドキしてなかなか寝付けませんでした。

 

Skydive Arizonaへ

場所

 

私が住んでいたのはアメリカの南西部アリゾナ州

メキシコまで車で1時間でアクセス可能な南の町、ツーソンに住んでいました。

 

そのツーソンから北に車で1時間、エロイという町にあるスカイダイビングセンター「Skydive Arizona」で体験しました。

 

 

Skydive Arizona

体験の他、資格を取りたい人のためのスクールもあります。

 

体験費用

 

私含め5人で参加で、みんな初体験。

誘ってくれた友人が、予約したり車も出してくれたりと、本当に助かった。

 

参加費用は、インストラクターと一緒に飛ぶタンデムライド(初心者用)と写真・DVD(CD-Rに焼いてくれた)で、合計US$300ほどだったと記憶しています。

 

今、改めてホームページを見てみると、タンデムライドの基本料金はUS$199。

基本料金に専用のツナギやゴーグルのレンタル費用も含まれています。

平日割引、学割、3人以上のグループ割などUS$10~30のディスカウントがあります。

写真またはビデオ撮影はUS$99

写真・ビデオのセットはUS$125

 

恐らく私が体験した頃と変わってないですね。

写真・ビデオは今はUSBメモリに保存したものをくれるようです。

詳しくはこちら。

https://www.adventuresinskydiving.com/home

 

私のときは、インストラクターとは別にカメラマンが一緒に飛んで、写真・DVDを撮ってくれました。

 

他のブログを見ていると、カメラマンはおらずインストラクターが自撮りする写真撮影もあるようです。

それだとUS$50ほど安いようですね。

 

当日のスケジュール

 講習

 ↓

誓約書にサイン

 ↓

順番待ち

 ↓

ダイブ!

 

ざっくり言うとこんなスケジュールでした。

 

講習は、着地はインストラクターに任せるため足はなるべく上げる事とか、高血圧、心臓疾患、妊娠中だと参加できないけどないよねー?みたいな内容だったと思います。

 

そして「体験で何かあっても訴えません。」てきな誓約書にサイン。

スカイダイビングに限らず、海のダイビングやパラグライダー体験なんかでもある形式的なものですが、やっぱり重みがありますね。

 

 

誓約書にサインすると、一気に不安や緊張感が出てきて、みな表情が暗くなる。

 

運悪くこの日は強風の時間帯があり、ダダ下がりのテンションのまま、結果的に約5時間待ちました(地獄)

センター内に飲食店や売店(お土産屋やスカイダイビンググッズを販売)があり、一通り見たり、軽食を食べたりして過ごしました。

(それでも5時間は長いよ!)

 

売店のお兄ちゃんはとても気さく。

「どのインストラクターと飛ぶん?」と聞かれ「まだ分からん。」と言うと、

「ジャレッドはクレイジージャンパーやで。あと○○○はすぐお客さんに手を出して、○○○なんてこないだ・・・」と個人情報出しまくり。

同僚にしたくない選手権No.1やな。こいつ。

 

苦笑いで対応しながら、US$30でゴーグルを購入。

ゴーグルはレンタルでもついてくるんですが、あまりいいやつじゃないらしいです。

「ダイビング中の景色を楽しむためにいいゴーグルを買っといた方がいいらしい」という友人(初心者)が仕入れてきた情報につられて購入。

景色うんぬんは分からんが、結果的に写真映えしたからよかったかな?

(レンタルのやつはちょっとダサかった。)

 

そして、いよいよ風がいい感じになり、ダイビング体験がスタート!

レンタルのツナギに着替えて、セスナ機へ移動。

10人ほど乗れそうなセスナ機で上空まで行きます。

 

高度もリクエストできるそうですが、結局何mまでいってもらったか忘れちゃったな。

風も普段より強めだったし、初心者ばかりなので普通でお願いしたと思います。

 

ツナギに着替えると、誰にどのインストラクターがつくか案内されてました。

 

 

担当のインストラクター名が案内される

担当のインストラクター名が案内される

 

ん?

 

 

ジャレッド ザ クレイジージャンパー

ジャレッド ザ クレイジージャンパー

 

ジャ・ジャレッド・・・!

噂のクレイジージャンパーやないか。

 

その後、ジャレッドと対面。

TRFのSAMさんを彷彿とさせる外見で、以降脳内で「EZ DO DANCE」が流れ続ける。

 

とりあえず「ノークレイジーでどうぞよろしく。」と伝えると笑ってました。

クレイジージャンパーの異名は、過去に何百回と飛んでるからであって、クレイジーなジャンピングスタイルという意味ではないらしい。

ほっ。よかった。

 

いよいよダイブ!

 

セスナまではトラックの荷台に乗せられて移動。

もう後戻りはできないぜ・・・。

 

セスナに乗り込み、上昇開始!

 

一緒に乗り込んだカメラマンが、セスナ内でも写真を撮ってくれました。

身体はガチガチ震える!

でもなぜか変に饒舌になり、笑顔になる。

後から写真を見返すと、満面の笑みでビックリした。

 

グループで順番に飛び降りていく。

さぁ、いよいよジャレッドと私の番。

 

もう行くしかないで

もう行くしかないで

 

どうやって飛んだかは、もう覚えていない。

私のタイミングかジャレッドのタイミングか忘れてしまったけど、

 

飛ぶていうか落ちていく

飛ぶていうか落ちていく

セスナから飛んでしまえば、もう恐怖は吹き飛んだ!

脳内にアドレナリンが分泌されるのが分かる!

不思議な感覚!

 

下から風圧が凄すぎて、かろうじて目を開けている状態。

途中、目の前に玉のような水滴が現れたんだけど、私のよだれでした。

(汚くてすまん)

 

風圧で目はほとんど開いてない

風圧で目はほとんど開いてない

風で皮膚が全て上へ持っていかれる。

目も吊り上がって、ほとんど開けられないのですが、写真のため、がんばって開けてピース!

 

顔がお見せできなくて残念ですが、研ナオコのモノマネする清水アキラみたいになってました。(”夏をあきらめて”は名曲だよね。)

 


研ナオコ vs 清水アキラ ものまね 「夏をあきらめて」🎤#研ナオコ #清水アキラ #ものまね

 

でも間違いない!!

これは楽しい!

 

ジャレッドがパラシュートを開くと、ゆっくり降下。

ようやく景色を楽しむ余裕が出てきます。

アリゾナの田舎、何もないけど。

 

そして着地。

飛んでるのはわずか3分ほどでしょうか。

 

でも一気にテンションMAX!!!

 

ジャレッドありがとう。

ジャレッドのおかげで無事、地上に戻ってきたよ。

 

究極のつり橋効果で、ジャレッドに恋をしました。

それが今の旦那です。

 

というのは嘘です。

でもあれは絶対惚れてまうと思う。

 

最後に

いつかやりたいと思っていたスカイダイビング。

アメリカで達成できてよかった!

とても楽しかったです。

 

もう一回やるか?と聞かれたら、多分やらないです。

 

とりあえず待ち時間が長すぎた。

緊張と不安が入り混じる5時間はしんどかったです。

あと急降下するので耳がめっちゃ痛くなります。

アドレナリンが切れてきた頃に耳の痛さに気付きました。

 

でも人にはすすめる。

もしやりたい気持ちが1mmでもあれば、やった方がいいです!

アメリカに比べると割高になりますが、日本でもできるようです。(5万ぐらい)

近場の海外だと、ハワイやグアム、サイパンでもできますし、ビーチなら景色もよさそう。

 

あとDVDはその後見返すことがなかったので、個人的には不要でした。

はじめは不要って言ってたのに、カメラマンがちゃっかり撮影してて、ダイビング後に営業をかけてきたんですよ。

ダイビング後はハイになってて思わず買ってしまったのだ。

 

友人と特に示し合わせた訳でもないですが、みんな失禁対策に替えのパンツやタオルを持参してて笑えました。

無事みんなお世話になることはなかった・・・と思う。